研究内容

油圧回路で発生する油圧振動の効率的な原因解明方法の確立

油圧回路 現在,普及している自動車の大半は,オートマチックトランスミッションにより変速制御を行っている.このオートマチックトランスミッションの構成要素の一部であるバルブボディにおいて,特定の条件下でバルブが振動するという問題が生じており,その原因は未だ解明されていない.そこで本研究の目的を,バルブボディ中の油圧回路内で発生する油圧振動の効率的な要因解明方法の確立とする.具体的には,オートマチックトランスミッションの油路,バルブを対象として,相互の影響を考慮した油圧回路の一次元モデリング及び動特性解析を行う.解析結果と実験で得られた振動波形とを比較することで,一次元モデリングの正確性を確認し,振動要因の解明を行う.また,油路及びバルブの三次元解析結果を一次元動特性解析へフィードバックすることで,一次元モデルの高精度化及び最適化を行う.最終的には,これら一次元モデルより,油圧回路における振動要因の効率的な解明方法の確立を行う.

  • 前へ »
  • срочный займ на карту с плохой кредитной историей
    Copyright (c) 2018 Tanaka & Fuchiwaki Lab. All Rights Reserved.