研究内容

特殊環境下における導電性高分子ソフトアクチュエータのフィードバック制御

導電性高分子ソフトアクチュエータは,小型・軽量であり,高応答性,柔軟性,低駆動電圧といった実用化に有利な特徴を有していることから新機能性材料として注目されている.最近では,カテーテルの案内弁などの医療技術,また,携帯電話のオートフォーカス(AF)デバイスなどの精密機器のアクチュエータとしての利用が考えられている.その中でも,数?mの変位および変形を数msecで実現し,また,その位置を一定値に保持するような制御が特に必要とされる.さらには,その環境は厳しくなる一方であり,特に,AFデバイスは,北欧などの地域では,0度以下の環境下での利用が要求されている.
本研究では,特殊環境下で駆動可能な導電性高分子ソフソアクチュエータの制御技術の確立とそのイオン種による制御手法の最適化を目指す.

  • 前へ »
  • 次へ »
  • срочный займ на карту с плохой кредитной историей
    Copyright (c) 2018 Tanaka & Fuchiwaki Lab. All Rights Reserved.