2019年度

年次大会 in 秋田に行ってきました!

(平尾編)

皆さんこんにちは.学会で留守の間に家がカビだらけになっていました.ちなみにカビ退治にはエタノールが効果抜群だそうです.M1の平尾です.
この度,秋田県で行われた機械学会年次大会に参加してきました.発表はショートプレゼンテーションとポスターでの発表でした.ポスターでの学会発表は初めてで,うまく質問に答えられるか不安でした.しかし,始めてみると1時間半の発表時間があっという間に感じてしまうほど刺激的かつ有意義な時間を過ごさせていただきました.最も有意義だと感じたのは質問時のちょっとしたディスカッションです.自分では気づかなかったような新しい角度での現象のとらえ方や,他のアプローチ方法といった様々なことを学ばせていただきました.このディスカッションを有意義にできた理由として,自分の意見をはっきり述べることができたということがあると考えます.常に実験結果について考え,自分の考えや疑問を持っておくこと,これが意見を言うときには大事なことだと感じました.また,今回たくさんの人に発表して,感じたことは,人はそれぞれ同じ現象でも異なる見方をすることです.異なる見方は,その人がこれまでに何を勉強したのかが大きくかかわってきていると感じました.だから,たくさんの角度から見るためには,多くの勉強が重要だと感じました.

上記の様にディスカッション自体は良いものにすることができました.その一方で,自分の力不足を何度も感じました.完璧に説明したつもりでも,うまく理解してもらえない場面が何度かありました.自分の工夫次第で伝え方はいくらでもよくできるのに,今回はそれがあまりできていなかったと考えられます.今回多くの発表を聞く中で知識だけでなく,人への伝え方も学ばせていただきました.自分がうまくできなかった分,今回学んだことを次に生かしていきたいと思います.

この様に多くのことを学び,考えさせられる学会に連れて行って下さり,渕脇先生ありがとうございました.研究室代表で行ったので責任もって他の人に伝えます.

また,学会といえば,発表はもちろんですが,何よりの楽しみは飲み会です!学会が終われば毎日!毎晩!時には5時から!飲み会に連れて行ってもらいました!渕脇研究室の大先輩である中さんや,日ごろお会いすることのない他大学の先生方と一緒に居酒屋へ行かせていただきました.秋田県と言えばもちろん有名なのは日本酒です.今回の目標は日本酒を数種類飲むことだったのですが,合計10種類もの日本酒を飲ませていただきました!最後の方は酔っぱらって味なんかわかりませんでした(笑)しかし,とても美味しかったことは覚えています.

毎晩先生方に飲み会に連れて行ってもらったのですが,次の日の朝一の講演から先生方は1番前の席で真剣に講演を聞いていました.どんな肝臓を持っているのか不思議でたまりません.(笑)学会を楽しむにはまず肝臓の強化が必要だと感じました(笑)
また,飲み会では,先生方に非常に面白いお話をたくさん聞かせていただきました.特に先生方が学生時代の話や苦労した話を聞く中で,今自分に全くないもの,足りないものに気づかされました.楽しく飲みながら学ぶことのできる最高の時間でした.渕脇先生,中さんご馳走様でした!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(刀根編)

皆さんこんにちは.秋田についた日に間近で令和の天皇皇后両陛下を見ることができた M1の刀根です.これは本当に奇跡でした.

先日,秋田大学手形キャンパスで開催された機械学会年次大会に,同じM1の平尾くんと参加させていただきました.学会は9月9日から11日の3日間で開催されたので,その前の日から秋田入りしました.

秋田までは羽田経由で飛行機で行きました.私は飛行機が揺れた時や着陸する前の体がフワッと浮く感じがとても苦手です.そのため,往復で4回も飛行機に乗ることにとても抵抗を感じていましたが,着陸の時は無理やり寝ることで難を逃れていました.あの感覚は何回経験しても好きになれません...

 学会会場の秋田大学手形キャンパスは,九工大飯塚キャンパスより学内がとても広大でした.また,秋田はお米の有名な産地ということもあって,学食のご飯はとてもおいしく感じました.

 私たちのポスター発表は最終日にありました.ポスター発表の前に2分程度のショートプレゼンテーションがありました.動画もほとんど使っておらず,2分程度しかないため不具合は起きないだろうと思っていましたが,万が一に備えてバックアップを取っていました.予想通り何事もなく終えることができました.
その後,ポスター発表に移りました.私は,研究背景から結言までを通す発表練習しかしていませんでしたが,人によっては「この部分の説明をして」「この研究で何が新しいの?」など,最初からピンポイントの説明を求められることがありました.何とか説明することはできたのですが,想定外の要求であったため焦ってしまい,たどたどしい説明しかできませんでした.また,同じところを何度も説明しないと理解してもらえない部分が多々あったので,次からはさらに練習を重ね,どんな要求や質問にもスマートに返せるようになりたいと感じました.

発表の日の夜は,渕脇先生と渕脇研究室を卒業した先輩である中さんと4人で飲みに行きました.学生時代や卒業後などの話を聞くことができました.普段は研究室を卒業した先輩と飲みに行くことはないので,とてもいい刺激になりました.
 2ヶ月後には流体工学の部門会にも参加させていただきます.次もポスター発表ですが,後悔がないような発表を目指したいと思います.

  • 前へ »
  • 次へ »
  • срочный займ на карту с плохой кредитной историей
    Copyright (c) 2019 Tanaka & Fuchiwaki Lab. All Rights Reserved.